• ymhy2018

18歳の成人

令和4年(2022年)4月1日から、成人年齢が18歳に引き下げられます。

この18歳成人、すべてにおいて18歳が基準になるかというとそういうわけではなく、酒タバコは従来と変わらず20歳からです。選挙権は既に18歳に引き下げられています。

令和4年4月1日から何が一番変わるのか。それは親の同意がないからということを理由に契約の取り消しができなくなることです。

今までは親に黙って高額の買い物をしても「親の同意がない」ことを理由に取り消すことができました。しかし18歳は親の同意がなくても有効に契約を結ぶことができるため、親が反対したから…という理由が通用しなくなってしまうのです。

18歳はクレジットカード契約を結ぶこともできるし、賃貸借契約も一人で結ぶことが可能になります。高級車をローンで買うことだって一人でできてしまうのです。

そうなると18歳成人を狙った悪質業者による詐欺などが横行する可能性もありえます。

現在法律職に携わる私たちは、高校など各種学校に出向いたりして、契約の重要性などを伝える講義を行ったりしています。正確な情報を正しく伝えることで、新たに大人の仲間入りをする方々に自覚を促すことができたらと思っています。

5回の閲覧

最新記事

すべて表示

当事務所が紹介されました!

https://shikaku-live.jp/shihosyoshi/ 『資格LIVE』というサイトに当事務所が紹介されました。 司法書士の資格をこれから取得してみようかなと思う方を対象に 僕の実体験を元にした記事が綴られています。 ついに来月末に迫った司法書士試験、受験される方々のご健闘をお祈りしています。

不動産に関するお悩みには…

近年、不動産は『負動産』と呼ばれることがあるように、不動産に関するお悩みを持つ方が多くなってきています。 高齢の親が施設入所したことによる空き家問題、亡くなった祖父母の名義のまま放置されている土地や建物の相続未登記問題など…特に相続未登記問題は、2011年の東日本大震災の後に、復興の妨げになってしまっていると指摘されて以来、政府もこの問題にようやく重い腰を上げました。 不動産に関するお悩みなどござ