• ymhy2018

遺言書を書くときは…

最終更新: 4月20日

遺言書に関する関心が近年高まっています。

自分の死後のトラブルを避けたい。自分によくしてくれた人に多く財産を残したい。

遺言は人生の最後のメッセージと言えるでしょう。

基本的な書式を守れば、遺言書の内容は自由です。(もちろん常識的に考えてNGなものは書けません)遺言書の最後に家族に対するメッセージを入れられる方もおられます。

しかし、遺言書の内容によっては相続人から不満の出ることもあるでしょう。

そして「実は誰かが無理やり書かせたんじゃないか?」など疑心暗鬼になるようなケースもあります。筆跡を巡って、また遺言を残した時に本当に意識がはっきりしていたのかなどさまざまなクレームがつけられることもあるかもしれません。

そんな時に試してもらいたいのは、遺言作成するところを動画で残すことです。

最近はスマートフォンで簡単に動画を撮影することができます。

故人が遺言書を書くところを動画に残しておけば、強力な証拠となるでしょう。ボイスメモなどを使って音声を録音するという手もありますが、音声はその本人の声かどうかを証明するのが意外と難しく、やはり動画に軍配が上がります。これから遺言書を書こうかなぁと考えている方、ぜひ作成時の動画撮影を検討してみることをお勧めします。

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

当事務所が紹介されました!

https://shikaku-live.jp/shihosyoshi/ 『資格LIVE』というサイトに当事務所が紹介されました。 司法書士の資格をこれから取得してみようかなと思う方を対象に 僕の実体験を元にした記事が綴られています。 ついに来月末に迫った司法書士試験、受験される方々のご健闘をお祈りしています。

不動産に関するお悩みには…

近年、不動産は『負動産』と呼ばれることがあるように、不動産に関するお悩みを持つ方が多くなってきています。 高齢の親が施設入所したことによる空き家問題、亡くなった祖父母の名義のまま放置されている土地や建物の相続未登記問題など…特に相続未登記問題は、2011年の東日本大震災の後に、復興の妨げになってしまっていると指摘されて以来、政府もこの問題にようやく重い腰を上げました。 不動産に関するお悩みなどござ