• ymhy2018

法務局による遺言書保管制度

7/10から、全国の指定された法務局で個人の遺言書を保管してくれるサービスが始まりました。これは、自分が書いた遺言書を法務局に持っていくと、法務局がその遺言書をコンピューターに画像で保管してくれるというものです。利用料は3,900円と公正証書遺言を利用するよりもかなり安くなっています。自分で遺言書を書いても、保管したままで相続人にその存在が知られず、死亡後随分時間が経ってから遺言書が出てくるなど、遺言者の想いが伝わらないこともよくある話です。公的な機関が遺言書を保管してくれるというのはとても心強いことだと思います。

 また、遺言書が見つかったときに裁判所で行わないといけない『検認』という手続きが省略されます。公的な機関で保管されているので裁判所のチェックは必要ないということなのでしょう。

 ただ、気をつけないといけない点もいくつかあって、まず、法務局は遺言書の中身まではチェックしてくれないということです。日付が入ってないだとか一目で分かる形式的な部分についてはチェックしてもらえますが、遺言の内容が法的に有効か、スムーズに登記手続きができるものなのか、文章の中身まではチェックしてもらえません。公正証書遺言では公証人が遺言書の中身についてチェックしてもらえるので、その点が大きな違いです。

 また、遺言書は自筆で書いたものでなければならず(一部ワープロ打ちでよい部分もある)遺言者本人が法務局に出向く必要があります。病気などで歩けず、自筆で書くことももままならないような場合はこの制度は利用できないことになります。公正証書遺言では公証人が作ってくれるので自分で書く必要はないですし、費用はかかりますが、自宅等へ出張もしてくれます。

 その他、申請書類、添付書類の提出、遺言書の形式など、細かな規定があることから、僕たち司法書士は遺言書の内容のチェックや書類作成などお手伝いすることができます。制度を利用してみたいんだけど…という方がおられましたらお気軽にご相談ください。


8回の閲覧

最新記事

すべて表示

数次相続(すうじそうぞく)とは?

父、母、子供一人の小さな家族で、お父さんが亡くなられましたとしましょう。本来はこのときに法定相続分であれば、母2分の1、子2分の1で父名義の不動産について相続の登記をします。しかし、この登記をする前に母も亡くなってしまった場合はどうなるでしょうか? このように、ある人が亡くなった後、遺産分割や相続の登記をしないまま、その相続人も相次いで亡くなってしまった場合のことを数次相続といいます。 こんなとき

戸籍がない!

相続登記を行うためにまずやらなければならないことは、亡くなった方の出生から死亡までの全ての戸籍を集めることです。亡くなった方がいつ生まれて、いつ結婚し、何人子供ができ、あるいは兄弟が何人いるのか、親はもうなくなっているのか…などその方の家系図を作るために必要なデータです。この戸籍、幕末の頃までさかのぼることができます。仕事柄戸籍を扱うことが多いですが、『天保』『万延』『嘉永』など歴史の教科書に出て

遺産分割協議書の記載漏れ

相続が始まり、法事の席などで相続人が一堂に会して遺産分割協議書を作ったとします。土地は〇〇に、建物は△△に、銀行預金は××に…と記載していくのですが、協議書を作った後に、気づかなかった不動産が出てきた場合はどうなるでしょうか。よくあるケースは、所有する土地につながる道路や墓地など固定資産税のかからない土地です。 このとき基本的には記載漏れしてしまった土地についてもう一度遺産分割協議書を作成しなけれ