• ymhy2018

株式会社か合同会社か?

最終更新: 3月14日

以前会社を設立しようとした方が「株式会社で考えてたんだけど、最近は合同会社ってのもあるんだね」と仰ってました。合同会社。聞きなれない名前かもしれません。平成18年に会社法が施行された際、新たに生まれた会社の形態です。(これに伴い『有限会社』は廃止されました。)日本でも若いベンチャー企業を育てていこうという趣旨で、比較的低予算で設立できる会社形態を誕生させました。

会社を設立する際には『登録免許税』という税金がかかります。設立書類にこの登録免許税分の収入印紙を貼って申請することになります。これが株式会社の場合、どんなに小さな会社でも最低15万円はかかりますが、合同会社の場合、最低6万円で済みます。

また、株式会社の場合は必ず定款を作って公証役場で認証してもらう必要がありますが、この認証に約5万円ほどかかります。合同会社の場合、定款を作る必要はありますが、公証役場で認証をする必要がないので、この費用も節約できます。

このように、合同会社は初期費用が幾分押さえられることから低予算で会社を設立したいという方には向いているかもしれません。しかし、銀行から借り入れるには株式会社の方が信用性が高いなどと言われることもあります。制度が始まった段階では知名度もなく、世間の信用度も低かったのかもしれませんが、現在はずいぶん認知もされてきているので、合同会社と株式会社にそれほど差があるとはいえなくなっていると感じます。

ただ、合同会社は比較的小規模の会社を想定して作られた制度ですので、いずれ会社を大きくして支店を設けて…と広く大きな展開を想定される方は最初から株式会社にしておいた方がよいかと思います。もちろん途中で合同会社から株式会社への会社形態の変更も可能です。会社設立登記のご相談も承っております。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

商号とローマ字

会社を立ち上げる時にまず一番に決めないといけないのが『商号』。会社の顔となる部分なので、代表者の皆さんはこの部分には特にこだわっておられます。そんな商号ですが、昔はローマ字の使用が認められていませんでした。株式会社ABCとしたくても、登記上は株式会社エービーシーと記載され、なんとも間の抜けた感じになっていました。平成14年に法律が改正され、ローマ字やいくつかの符号を使った商号も認められることになり

役員全員辞任!

現在の役員の任期が切れたときに、会社の若返りを図る等の意味で役員をそっくり入れ替えたりすることがあります。新しい経営陣に一任して、新たな出発を図るのでしょう。 また、別の人に会社を引き継がせるために役員がごっそり入れ替わるということもあるかもしれません。このような平和的な会社役員の交代であればいいのですが、これが実は会社のクーデターだった…という場合はどうでしょうか?株主総会で全ての役員を解任し、

役員変更登記をお忘れなく!

会社の登記で一番多いのが『役員変更』です。 取締役は2年の任期を設定していることが多いので、2年ごとに役員変更の時期がやってきます。(監査役は4年が多い) 2年という月日はあっという間です。この前役員変更登記したと思ったのにもう変更かぁ…なんて思うことが多いです。 この取締役の任期、10年まで延長できることはご存知でしょうか?(※株式を市場公開していない会社に限る)家族経営で、株主も家族や親族ばか