top of page
  • ymhy2018

戸籍がない!

相続登記を行うためにまずやらなければならないことは、亡くなった方の出生から死亡までの全ての戸籍を集めることです。亡くなった方がいつ生まれて、いつ結婚し、何人子供ができ、あるいは兄弟が何人いるのか、親はもうなくなっているのか…などその方の家系図を作るために必要なデータです。この戸籍、幕末の頃までさかのぼることができます。仕事柄戸籍を扱うことが多いですが、『天保』『万延』『嘉永』など歴史の教科書に出てきそうな年号をよく目にします。150年以上前まで自分の先祖をさかのぼることができるシステムはなかなか凄いものだと思うのですが、この戸籍、すべて紙で作成されているので、戦争で焼けてしまったり…なんてケースもあるようです。こうなるとその戸籍は取得できないことが多く、家系図を作成することはできません。それでも相続登記はしなければならないので、以前は相続人全員から、『私たちの他に相続人はありません』という証明書を印鑑証明書付きで提出することによって、相続登記を行っていました。しかし相続人が多くなればなるほど、全員からこのような証明書をもらうのは難しくなってしまいます。そのため、平成28年から『除籍謄本を交付することができません』という市町村長の証明書を添付すれば、相続登記をしてもOKと運用が変えられました。相続登記を簡略、迅速化して、所有者不明の土地をできるだけ減らしていこうという国の方針に沿ったものといえるでしょう。

個人で戸籍を集めていくのはなかなか骨の折れる作業です。昔の人は達筆で(そうじゃない人もいますが…)昔の戸籍を読むのは至難の業です。『司法書士は戸籍が読めるようになって一人前』という言葉もあるくらいです。

我々司法書士は相続登記にあたって、戸籍の収集も承っています。どうぞお任せください。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「土地を相続したくない」そんな人が増えています。 実家の土地、その近辺の畑、田んぼ、山林。相続しても活用できず、売却したくても辺鄙な場所のため売却できない。いっそ市町村が引き取ってくれたらいいのに… 司法書士として相続登記に関わっていると、このような声を時々耳にします。 土地を相続したくない時は、相続放棄という手がありますが、これは被相続人の全ての財産を放棄することになるので、不動産だけピンポイン

家族が亡くなった後、金庫から遺言書が見つかった…そんなときどうすればよいのでしょうか? 封をされた遺言書は、勝手に開けてはいけません。必ず裁判所に持っていく必要があります。これについては民法に規定があって、次のように書かれています。 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見

bottom of page