• ymhy2018

債務整理か自己破産か

債務整理を引き受けた時、まずその方がどこからいくら借りているのか、現状を把握することから始まります。その結果と現在の収入、生活状況と照らし合わせて債務整理で行くのか、それとも自己破産するのか決定することになります。

中には「全く返済しないのは申し訳ないので破産はせず少しずつでも返済したい」という方や、自己破産は体裁が悪いから…と頑なに拒否される方もおられます。債務整理の場合、各債権者に支払い方法の提示を行います。「月2000円ずつ50回、利息カットで」とか「月3000円ずつ60回、利息は半分カットで…」などです。

少しずつでも支払いたいという気持ちを持つのはとても良いことだと思います。しかし、このような条件提示は債権者側にとってみればほとんどメリットはありません。

できれば元本だけでも全額一括返済してほしいのが本音です。それであっても債権者側にほぼ利益はありません。人件費などを考えればむしろマイナスでしょう。しかも支払回数50回、60回…という長期になると(60回ともなると5年かけて支払うことになります)その間にまた支払いが滞る可能性だって債権者は考えるでしょう。

そんなことから、債権者の中には「元本一括返済でなければ絶対に応じない」もしくは「元本利息全てを一括返済する案でなければ受け入れない」と突っぱねられることもあります。

こちらの条件に快く応じてくれる債権者ばかりであればいいのですが、そうでない債権者に当たると、結局債務が残ったままになってしまうおそれもあります。

全てをゼロにして、新たにやり直しを図れる自己破産の方が解決策としてよいこともあります。迷ったときは、まず専門家に相談してみることをおすすめします。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

連帯保証人に注意!

債務者が自己破産をするときに、一番注意しなければいけないのが、「連帯保証人」です。 債務者が自己破産すると、債権者は一気に連帯保証人のところに請求をかけます。 連帯保証人はその時になって初めて債務者が破産したことを知り、青ざめるのです。 自己破産をする際には必ず連帯保証人の有無を確かめ、債務者から連帯保証人に連絡してもらうようにしています。連帯保証人との話し合いの結果、自己破産を諦めたり、または連

自己破産をするとどうなる?

平成の前期、長引く不況と高金利により、商工ローンやサラ金による自己破産の増加が社会問題化したことがありました。現在は法律による規制や金利が抑えられていることもあり、一頃と比べれば落ち着いているようです。 『自己破産』と聞くととかくネガティヴなイメージが先行しがちです。しかし見方を変えてみれば、法律で定められた新たに生活をやり直すためのセーフティネットとも言えます。 自己破産についてよく仕事上聞かれ