top of page
  • ymhy2018

代襲相続(だいしゅうそうぞく)とは?

ある方(仮にAさんとします)が亡くなられ、一人息子であるBさんが相続することになったとしましょう。実はこのBさんが既に亡くなってしまっていた場合はどうなるでしょうか。

Bさんに子供(Cさん)がいれば、このCさんが相続することになります。このように1代飛び越して相続する場合を代襲相続といいます。親よりも子供が先に亡くなってしまっている場合、孫がその代わりに相続するというわけです。この場合、注意してもらいたいのは、Bさんの妻(配偶者)は一切相続できないということです。

☆Aさん死亡の後にBさん死亡⇒Bさんの妻は相続できる

★Bさん死亡の後にAさん死亡⇒Bさんの妻は相続できない

亡くなる順番によって結果が正反対になることがわかります。『亡くなる順番』というのは相続にとって結構重要な要素です。

上記の例でもしCさん(孫)もAさん(おじいさん)より先に亡くなってしまっていた場合はどうでしょうか。

この場合Cさんに子供Dさんがいる場合は、Dさんが相続します。おじいさんの遺産をひ孫が相続するというわけです。このように代襲相続は2代、3代と飛び越えることもありえます。唯一の例外は兄弟が相続するときです。兄の財産を弟が相続するが、弟が先に亡くなってしまっていた場合、弟の子供、つまり甥や姪が相続します。もしこのとき甥や姪が先に亡くなってしまっていたとしても、甥や姪の子供に相続権は移りません。

おじさんおばさんの相続権は甥っ子姪っ子までしか代襲相続しないということです。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

いらない土地を国が引き取る制度

「土地を相続したくない」そんな人が増えています。 実家の土地、その近辺の畑、田んぼ、山林。相続しても活用できず、売却したくても辺鄙な場所のため売却できない。いっそ市町村が引き取ってくれたらいいのに… 司法書士として相続登記に関わっていると、このような声を時々耳にします。 土地を相続したくない時は、相続放棄という手がありますが、これは被相続人の全ての財産を放棄することになるので、不動産だけピンポイン

遺言書の検認とは?

家族が亡くなった後、金庫から遺言書が見つかった…そんなときどうすればよいのでしょうか? 封をされた遺言書は、勝手に開けてはいけません。必ず裁判所に持っていく必要があります。これについては民法に規定があって、次のように書かれています。 遺言書の保管者は、相続の開始を知った後、遅滞なく、これを家庭裁判所に提出して、その検認を請求しなければならない。遺言書の保管者がない場合において、相続人が遺言書を発見

Comments


bottom of page